3ヶ月使用後の体の変化

バーンマシンの効果

3ヶ月使用後の体の変化

 世の中いろいろなトレーニングがありますが、続けなければ効果がわかりませんし何も始まりません!

っということで、とりあえずバーンマシンでのトレーニングを4月1日〜6月30日までの3ヶ月間続けてみました!

トレーニングメニューは、普段の格闘技の練習やウエイトトレーニングに加え、週に2回、バーンマシンでのトレーニングを1分×3セット入れていくというものです。

バーンマシンだけのトレーニングをする日もあれば、格闘技の練習と組み合わせたり、ウエイトトレーニングの最後に追い込みとしてバーンマシンを使用したりといった、臨機応変に対応できるトレーニングメニューです。

 さて、最初の1ヶ月目ですが、トレーニングというより身体を慣らしていくような感じで行いました。最初に失速してしまっては意味がありませんから。

バーンマシンはどういったところに効いているのか、どういったやり方があるのかなど、じっくりと身体の感覚を感じながら行いました。

 2ヶ月目は、バーンマシンを身体に効かすようにしっかりと追い込みました。それこそトレーニング後腕が上がらないくらいにです。

この時の腕や肩のパンプ感といえばものすごくて、見た目にも筋肉が充血してパンパンに腫れていました。それが快感でついついやりすぎてしまっていました(^^;)

 最後の3ヶ月目になると、やはり人間慣れればすごいもので、あいかわらず腕や肩はパンパンに張るのですが、1分×3セットは普通にこなせるようになってきました。

私の身体もかなり連続した筋肉の酷使に強くなってきたようです。ですので、他のウエイトトレーニングでしっかりと筋肉を痛めつけた後に行ったり、腕立てジャンプやジャンピングスクワットなどと組み合わせて、筋肉と心肺機能の負荷を高めるようにしました。

 さてさて3ヶ月後の私の体の変化ですが、結果的にかなり効果がありました!

普段の格闘技の練習やウエイトトレーニングも行っているので、バーンマシンだけの効果とはいえないかもしれませんが、これまでとは明らかに身体の様子が変わってきました。

よく「腕が太くなった?」とか、「肩がゴツイ!」と周りから言われるようになり、自信がつきました。

1番変わったのは格闘技の練習中ですが、ボクシングが明らかに強くなりました。腕が軽く、何発パンチを打ってもなかなか疲れないのです。腕が疲れて上がらないということもほとんどなくなりました。

また、心肺機能が鍛えられたおかげかスタミナがつき、なかなか疲れない身体になりました。突然動くような瞬発力もかなり養われました。

 バーンマシンを3ヶ月間、週に2回ではありますが、しっかりと休まず行ってきたおかげで、私の欲しい理想の身体を手に入れることができました!

これからもバーンマシンを続けていけば、自分の身体がどうなっていくのか、とても楽しみです(^^)

ページの一番上へ>    次のページ→バーンマシンの基本の使い方
サイトのTOPページへ