バーンマシンとウエイトトレーニングとの違い

バーンマシンとは

バーンマシンとウエイトトレーニングとの違い

 トレーニングと聞くと、ベンチプレスやスクワットといった、ダンベルやバーベルを使ったウエイトトレーニングを思い浮かべる方が多いと思います。

 

たしかに身体に大きく強い筋肉をつけるには、単純な動作でできるだけ重い負荷を筋肉にかけた方が効率的なので、ウエイトトレーニングは最適です。

プロの格闘家やアスリートの方々も、ほぼ全員がウエイトトレーニングを身体作りに取り入れています。

しかし、ウエイトトレーニングだけで作った身体というのは、スタミナがなく、動きが鈍くなってしまい、スムーズな動きができなくなってしまうのです。

そこで、実践に使える身体にするために、バーンマシンを使ったトレーニングを取り入れる必要があるのです。

 

バーンマシンでは、大胸筋や広背筋といった個々の筋肉に負荷をかけるのではなく、グルグルと回すといった複雑な動きの中で、全身のさまざまな筋肉に負荷をかけます。

こうすることで、全身の筋肉に刺激を与えると同時に心肺機能を鍛え、実践で疲れないスタミナをつけることができます!また、一定時間思いっきりグルグル回しますので、瞬発力も同時に養うことができるのです!

これがバーンマシンを使ったトレーニングと、一般的なウエイトトレーニングとの決定的な違いです。

プロの格闘家やアスリートは、ウエイトトレーニングで身体の各部分の筋肉を大きく強くし、バーンマシンで全身の筋肉の連動性瞬発力を高め、試合後半になっても疲れないスタミナを養い、実践で使える身体作りをしているのです!

ページの一番上へ>    次のページ→バーンマシンと格闘技
サイトのTOPページへ