バーンマシンで鍛えられる筋肉

バーンマシンとは

バーンマシンで鍛えられる筋肉

 

 バーンマシンはご覧の写真のように、約5,4kgのバーンマシンを肩の位置まで持ち上げ、一定時間思いっきりグルグル回します。通常のベンチプレスやスクワットといったウエイトトレニングとは全く違ったトレーニング方法をとります。

 バーンマシンを2セットでもやってみれば、すぐに腕がだるくなって動かなくなったり、筋肉を追い込むことによる痛みを体感できるので、どこの筋肉が鍛えられるのかすぐにわかるのですが、インターネットで調べてみるだけでは、なかなか想像しにくいですよね(^^;)

 まず私が実際にバーンマシンを使ってみた感想ですが、肩の筋肉が1番メインとして鍛えられます。1セットが終わったあと、肩がパンパンに張りますから。

次に、腕全体です。腕も非常にだるくなってきます。後は、バーンマシンは身体から離した遠い位置でバーンマシンを回しますので、体を固定する体幹が鍛えられ、腹筋背筋など、全身が総合的に鍛えられます。

また、心肺機能が鍛えられますので、スタミナUPにも効果的です。

よって、バーンマシンで鍛えられる筋肉というのは、肩を中心としたほぼ全身の筋肉と心肺機能(心臓の筋肉)といえます。

ページの一番上へ>    次のページ→バーンマシンとウエイトトレーニングとの違い
サイトのTOPページへ